併用禁忌や副作用 | AGAを治療するために、通販サイトで薬を購入してみよう!
menu

併用禁忌や副作用

積み上げられているカラフルな薬

医薬品を使い始める際には、他の薬との併用についても気をつける必要があります。
併用禁忌薬と一緒に使ってしまうことにより、思いもよらぬ副作用が発症してしまうケースが普通にあるのです。
中には命に係わるような症状が出てしまう場合も考えられるので、
もし他の病気も患っているという人の場合は、現在使っている薬と併用しても大丈夫なのかどうかをしっかり調べておくようにしましょう。
その際にはもちろん病院を利用するのが一番おすすめです。
自分の判断だけで使うかどうかを決めるのではなく、医師による専門的な判断を最初にしてもらった方がいいでしょう。

ではプロペシアの場合はどんなものが併用禁忌に指定されているのか?
まず結論から言うと、プロペシアには特にこれといった併用禁忌薬が存在しません。
普通はどんな医薬品でも併用禁忌薬や注意薬というものがありますが、プロペシアはどの薬と飲み合わせることも一応可能です。
だからプロペシアという薬は、多くの人にとって安心して飲むことができる種類だと言えるでしょう。

ただし、ここで勘違いしないでほしいのは副作用がないわけではないということです。
併用禁忌薬がないというだけであり、医薬品である以上副作用は絶対にあります。
だから人によってはプロペシアを飲むことによって、いろんな副作用が生じてしまうかもしれません。

例えば肝機能障害と呼ばれる副作用になります。
これは体がだるくなりやすくなったり、白目が黄色く濁ったりするような症状になります。

他には過敏症という副作用もあります。
これは要するに、薬に対するアレルギーが出ていることを表します。
そのためプロペシアを飲むことで体がかゆくなってきたり、蕁麻疹が発症してしまうこともあるでしょう。

あとは生殖器障害という副作用もあります。
これはわかりやすく言うとEDになってしまうということです。
さらにそれに加えて精子も出にくくなるので、性欲が大きく減退してしまう可能性があります。